×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


印象をみだしなみと立ち振る舞いで良くする方法






説明を上手に話す方法やコツ 印象をみだしなみと立ち振る舞いで良くする方法










当たり前の事ですが服装をクリーンに整えて清潔な印象でいましょう。



顔を合わせた際笑顔で相手と向き合いましょう。



椅子には横柄に座らず多少前に傾けるぐらいの姿勢で座ると良いです。



言葉ははっきり力強く喋ってください。



目線はなるべく資料に向けずにしかっりと相手を見て話しましょう。



ペン回し貧乏ゆすり頭かく等蛇足なことはしないに限ります。



物腰柔らかくリラックスしておくと質疑してもらいやすい環境になります。



攻撃的な反論意地の悪い質問感情的になっては駄目です。
ふところ深く平常心を心がけましょう。



相手の表情態度(あいづちの打ち方)等を感じ取りわかってるかいないかの確認を取りながら話しましょう。



確認の為に話し手から質問をしたり相手に質問をしてもらうように話をし進めると間延びせず進行状況を確認できます。



リアクションがいまいちな場合はポイントをくり返すこと。
相手によっては念を押すことも必要です。



喋る時は分かりやすく話しくどくならないように気を配る事です。



要点を落さない様に気をつけつつ省略し過ぎない程度の内容で話しましょう。



自身の器の大きさが必要ですが気持ちや考えを偽らず相手へ打ち明けること。
自分の判断に信頼と確信を持ちましょう。



データ具体例を出し伝えましょう。
その方が向こうも考えやすくなるので。
しっかりと具体的なことを言うことでそこを足がかりにして思考を決断に結び付けてもらえます。



ユーモアテクニックたとえ話をするにはうまい人を見習いイメージを膨らませておく作業が絶対必要です。
日ごろから敏感に頭の中でのイメージトレーニング色々なものを結び付ける癖を付けましょう。
ユーモア的感性知性も必要と思われるので芸を磨きましょう



沢山の内容を均等に話そうとしないで下さい。
しっかりと伝えたいあまり全てを均等に話そうとしがちですが相手には多少乱暴でも何がいいたいかはっきり強調したほうが意外と理解してくれます。
詳細は後々煮詰めれば良いですしね。



自問自答重要視して下さい。
説明する内容を自分の頭に入れる意味合いでです。
自身が要点を得ないまま相手からの質疑応答ボロを出してしまうと綿密なシミュレーションや今までの調査が何もかも御破算になりかねないのでしっかり肝に銘じておきましょう。




説明を上手に話す方法やコツ
聞く側の気持ち



自分が与える印象をみだしなみと立ち振る舞いでカバーする方法を書いています。

第一印象≫



第一印象

心を知る

聞く側の心中や考えを知る事も大切な説明の知識と思い色々と集めてみました。

心を知る≫




トップページ

サイトマップ


下準備

心意気


構成手順

相手の心




印象をみだしなみと立ち振る舞いで良くする方法
説明を上手に話す方法やコツ

Copyright--(C)--2015説明上手話す方法コツ