×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


説明する流れのタイプや説明構成のアレコレ






説明を上手に話す方法やコツ 説明する流れのタイプや説明構成のアレコレ










3段階の構成法を覚える

(入り)序論

(内容)本論

(まとめ)結論
と暗記しておきましょう。



「序論」とは

説明するテーマに相手の意識をひきつけて話の何に期待をもつべきかを認識させておくこと。
予備の知識を提供しておくことや実績対象になる証例などを挙げておいたり説明の順序を話しておくことなどが中心。



「本論」とは

TPOに応じて柔軟に対応しましょう。

Time(時間)
Place(場所)
Occasion(場合)

細かな話を飛ばす場合もありますし序論の予備知識後に変える形式もあります。
ここは雰囲気を感じてできる範囲の話にしましょう。



「結論」とは

本論の詳細をまとめて序論の目的と結びつけましょう。
応用として日常化をあてはめてみたり事後対応の意見交換リスクの理解再認識してもらいましょう。
本論の話をそのまま蒸し返すような内容だと相手に不快な気分を与えてしまうので注意しましょう。
何はともあれ終わりよければ全てよしになります。



割合について

「序論」
「本論」
「結論」
の三段階法の場合は序論1、2割。
本論7割、8割。
結論は1割程度が良いでしょう。



トップダウン型アプローチ

主張目的の根拠を一番に解説し詳細を後に説明する方法です。
トップダウン方法はとても簡潔に要点を伝えるという利点の一方で状況によっては相手に誤解されやすいという難点があります。

トップダウン方式の例

1.自身の訴えの本筋を伝える

単刀直入に申しますと「ABC」を「123」して頂きたい。

2.実績の提示改善後のビジョンを伝える

「123」に致しますとこの様な成果が得られます。
多くの方に定評がありますので是非。

3.成果に至る為利点リスクの詳細説明

「ABC」を「123」にする際は「こう言う」有利性がありますが逆に「こういった」不確実性も伴います。

4.商品詳細実行内容の説明

「123」は「この商品価格」になっており「実施方法」はこうなっております。
「作業」は「このような手順」を踏む形になります。
当サービスの「サポート体制は万全です」



ボトムアップ型アプローチ

まず詳細な情報を先に説明しそれぞれの根拠をくまなく説明した上で最後に結論を話すという方法です。
ボトムアップ型はじっくりと誤解のないように説明が出来るという利点がある反面状況や相手によっては最後まで話を聞いてもらえないという難点があります。

〔ボトムアップ方式の例〕

1.商品詳細実行内容の説明

「123」は「この商品価格」になっており「実施方法」はこうなっております。
「作業」は「このような手順」を踏む形になります。
当サービスの「サポート体制は万全です」

2.成果に至る為利点リスクの詳細説明

「ABC」を「123」にする際は「こう言う」有利性がありますが逆に「こういった」不確実性も伴います。

3.実績の提示改善後のビジョンを伝える

「123」に致しますとこの様な成果が得られます。
多くの方に定評がありますので是非。

4.自身の訴えの本筋を伝える

要約してに申しますと「ABC」を是非「123」にして頂きたいしだいです。



起承転結にとらわれない

『起承転結型』は話の良い典型例とされています。
でも実際のところ起承転結は日記ストーリーなどにふさわしく説明の場では理解されにくい可能性があります。
話の良い条件とは「短いこと」「分かりやすいこと」ですのでまず発言したい事単刀直入に話してその理由を後述べする『結論先行型』がよいでしょう。
説明の最後に改めて『本日はこの話を致しました』再確認をすれば理想的になるでしょう。



要点を整理した6つのポイント

1.あいさつ
「みなさん、おはようございます」

2.拘束時間の提示
「今から7分ほどのお話します」

3.抑えるべきポイントの数を告知
「本日みなさんに理解していただきたいポイントは3点です」

4.結論から話す
「端的に言って〜ということをお伝えしたい」

5.結論に至る根拠を話す
「なぜなら、〜だからです」

6.最後に念押しの締め
「ですからみなさん、〜をお願いします」




説明を上手に話す方法やコツ
円滑な説明の構成手順



構成手順に必要と思われるものをパラパラとピックアップしてます。

必要なこと≫



必要なこと

アレコレ

説明する流れのタイプや説明構成のアレコレを少ないですが掲載してます。

アレコレ≫




トップページ

サイトマップ


下準備

心意気


構成手順

相手の心




説明する流れのタイプや説明構成のアレコレ
説明を上手に話す方法やコツ

Copyright--(C)--2015説明上手話す方法コツ