×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


一般的に言われてる色々なコミュニケーションの原理






説明を上手に話す方法やコツ 一般的に言われてる色々なコミュニケーションの原理です










< 話し手の三要素 >

1.話す側の人間は

豊かな人間性をもつこと。

2.話す内容は密度の高い

意義のある内容であること。

3.話し手の聞き出す話力は

聞き手としてすぐれた応対力を持つこと。



< 話力の方程式 >

誠意熱意知識伝心

1.誠意(真実・本心・誠実・愛情)

聞いてもらえる

2.熱意(情熱・本気・真剣・一生懸命)

伝わる

3.知識(技術解説・条件提示・規則説明)

理解してもらえる

真実を+剣真に+説明すれば相手の心に必ず届く



< 喋る事に慣れる事 >

まずは頭の中で文章をまとめる事と音声として口から発する事を結びつける練習をする。
小説を声に出して朗読してみたり簡単なものの説明を声に出して練習してみましょう。
例えば「テレビとはどういうものであるのか」など、繰り返すうちに喋ることに慣れるでしょう。



< 会話のタブー >

1.ベラベラと一人だけで喋らない。

2.愚痴ならともかくおうへいに威張らない。

3.相手を不愉快にさせるような過ぎたへつらい皮肉を言わない。

4.相手が興味ないのに自慢話泣き言を押し付けない。

5.対話は賛成だけや反対だけだと成り立たない。

6.敬語または年功序列配慮しなければならない。



< 説明の組み立て方 >

1.まずは
言いたい事
伝えたい事
訴えたい事
というテーマを決める。

2.テーマに沿った見出しの主題を考える。

3.主題を支持する目次的な中題を揃えていく。

4.中題(論点の主要)に対する賛否是非の小論を書く。

5.↑(上の4)を支援する解説文、図形を集める。
*中題は聞き手の理解と集中力を考えた上で絞りに絞って5〜8ぐらいがベスト。




説明を上手に話す方法やコツ
始める前の心意気



自分で出来る心がけだけでも説明上手に近づけるはずそんな考えの心意気集です。

心がけ≫



心がけ

話の原理

一般的に言われてる色々なコミュニケーションの原理が為になると思い、載せておきます。

話の原理≫




トップページ

サイトマップ


下準備

心意気


構成手順

相手の心




一般的に言われてる色々なコミュニケーションの原理です
説明を上手に話す方法やコツ

Copyright--(C)--2015説明上手話す方法コツ