×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


自身で出来る説明上手に近づくための心がけ






説明を上手に話す方法やコツ 自身で出来る説明上手に近づくための心がけ










まず簡単なことは言葉を出来るだけ短く言い切るようにする事です。



次に誤解をうまないように分りやすく話す事。
「D−B」
「1時−7時」
「畑中−田中」
「岸田−石田」
のような発音のよく似た言葉は正確に話しましょう。



「赤−垢」
のような同音語もアクセントによって発音を変えましょう。



「容量」
「大きさ」
「前−後−左−右」
のようなあいまいなものは自分の手振りや相手側から見ての右手左手など基準を示して表現するようにして下さい。



壮大で大まかな抽象的な言葉よりも細かく限定した具体的な言葉で話すように心がけると相手も理解しやすいと思います。



主観感情を込めすぎないように注意しましょう。
熱すぎたり偏った意見だと偏見を持たれてしまいますので。



長い本論に入る前には説明のポイント数話全体の所要時間を先に提示して話しましょう。
聞き手の興味を引き付ける効果と聞く側の集中力を持続させる効果があります。



細かな内容の説明はしすぎずに足りないくらいがちょうどいいので重要点以外は割合しましょう。



落ち着いた話し方を心がけると自信の表れとして捉えてもらえます。



聞く側の集中力が続くのは理想が4分くらい長くて16分らしいです。
主要箇所に持ってくるといいですね。



きちんと相手の反応を確かめつつ話しましょう。
何事も一方通行だと成果は得にくいです。



話のプロセスや構成を自分の中で把握し整理しておきましょう。
頭の中が真っ白になるのはカッコ悪いですから。



説明の順序は出来るだけ乱さないように飛び飛びだと何が言いたいのか分かりませんしね。



やり方・方法はまず実演し次にその理由を話すようにしましょう。
実演販売がその典型です。



言葉や話しの速度変化をつけましょう。
面白く聞いてもらえます。



自分の失敗談カッコつけず話すと親しみが沸いてきます。



色々ありますが何よりも一番大切なことは説明する内容を事前に何度も繰り返し練習することです。




説明を上手に話す方法やコツ
始める前の心意気



自分で出来る心がけだけでも説明上手に近づけるはずそんな考えの心意気集です。

心がけ≫



心がけ

話の原理

一般的に言われてる色々なコミュニケーションの原理が為になると思い、載せておきます。

話の原理≫




トップページ

サイトマップ


下準備

心意気


構成手順

相手の心




自身で出来る説明上手に近づくための心がけ
説明を上手に話す方法やコツ

Copyright--(C)--2015説明上手話す方法コツ