×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


意思や要求が思いつかない人へのアイデア発想法






説明を上手に話す方法やコツ 意思や要求が思いつかない人にはアイデアの発想法です










カードやメモに走り書きをする

頭の中の処理することが困難な情報をいったん分解して再構築していく方法です。
カードメモポストイット惜しむことなく一点ずつ情報を書いていき「これは話し出しにふさわしい」とか「ここの補足はこれを使おう」などを順序だてて考えながら構成していくうちに形になる効果的なテクニックです。



アイデアをとにかく出しまくる

ノートや携帯のメモ、空メールなど手軽に書きとめが出来るものにアイデアをとにかく書いていく方法です。
このときに批判は一切しては駄目で「おかしい」「微妙」「変かな」とか考えちゃだめです。
質より量とばかりにバカげててアホらしくてあきれてしまうようなものでもいいからバンバン書いて行きましょう。



整理整頓していく

データや資料、目次や単語を書き出し内容に応じて同じような物事に整理していく方法です。
グループを「赤」「紫」「青」「黄」「緑」と作ったり、数字や形で分けてみたり。
「赤」は本題「黄」はユーモア「青」は説明など大まかにくくり書き出した内容をあてはめて整理してみましょう。



子供の気持ちで考えてみる

直感を大事にすることが重要です。
社会常識に囚われず常識はずれを恐れない純粋な思いつきを誰にでもある心の中の子供の気持ちで迷わずアイディアの源泉として残しましょう。
心の中にある子供の部分は決して枯らさないようにしましょうね。



誰かに相談して一緒に考える

信頼できる人に一緒に考えてもらいましょう。
重要なのは話を膨らませることです。
バカな話を臆せず話し合って片っ端から思いつくことを口に出しましょう。
なんだかんだで1つくらいはおもしろそうなネタが出てくるはずです。
一緒に誰かと考えた方が1人で考えるより閃きやすいですよ。



説明を展開させていく

説明を掘り下げるように
序論
本論
結論
と分け、大まかな流れにあわせて説明内容の配置を崩したりひとつのまとまりにしたりあれやこれやと工夫してみましょう。




説明を上手に話す方法やコツ
いきなり話すとつまずくから下準備



まずは、自分の意思や要求を相手に伝えるための話を考えておきましょう。

説明内容≫



説明内容

発想法

意思や要求が上手い具合に思いつかない方はアイデアの発想法をお試しください。

発想法≫




トップページ

サイトマップ


下準備

心意気


構成手順

相手の心




意思や要求が思いつかない人にはアイデアの発想法です
説明を上手に話す方法やコツ

Copyright--(C)--2015説明上手話す方法コツ