×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


自分の意思や要求を相手に伝えるための話を考える






説明を上手に話す方法やコツ 自分の意思や要求を相手に伝えるための話を考える










まず自分の欲求を考えてアイデアをまとめましょう。



次に思いついた事は箇条書きにする事です。



内容は専門的にならないように気をつけましょう。



複雑な言い回しにしない事も大切です。



自分に知識のない話はしないでください。
足元からコケたら恥ずかしいですからね。



それと言葉は誰でも知っている普段の聞き慣れた言葉を使うようにしましょう。
親しみがわきますので。



極力「カタカナ」「横文字」は使わない方が無難です。
分かりにくくなりそうですからね。



できる事なら自分の体験談を含めると印象がよいです。



例え話を交えるなら10歳や11歳位でも分かる話にするとすんなりと理解してもらえます。



じらしたりまわりくどく話さないでください。
説教くさく聞こえてしまいます。



難しいですが出来るだけ否定した説明はせずに肯定した説明をしましょう。



資料を使う場合は装飾に力を入れすぎない事です。
中身を見てもらう訳ですからね。



また資料は膨大な量にしないことも重要です。
正直しんどくなりますので。



目次や全体の目的を明確に示しましょう。



行間はきちんと空けてやたらと文字を埋め込まない。



資料の内容は出来る限り暗記しよう。



とまぁ、色々とありますが自身の主張をあまり押し売りしすぎない事です。



自分本位の説明になってないか確認しましょう。



最後に「まとめ」を忘れない事ですね。




説明を上手に話す方法やコツ
いきなり話すとつまずくから下準備



まずは、自分の意思や要求を相手に伝えるための話を考えておきましょう。

説明内容≫



説明内容

発想法

意思や要求が上手い具合に思いつかない方はアイデアの発想法をお試しください。

発想法≫




トップページ

サイトマップ


下準備

心意気


構成手順

相手の心




自分の意思や要求を相手に伝えるための話を考える
説明を上手に話す方法やコツ

Copyright--(C)--2015説明上手話す方法コツ